2022年6月5日 ウクライナのオルハさんと練習

この度、ウクライナ、マウルポリ近郊在住だった女性がロシアの侵略から日本に逃れて来ました。
茅ヶ崎のロータリークラブ関係者が受け入れて、茅ヶ崎市に住む事になりました。
その女性が日本の武道、柔道、そして護身術を学びたいとの事で、小川道場相談役でもあり、茅ヶ崎市議会議員でもある山田えつこ先生のご紹介により実現しました。
4月に日本に来たばかりで、日本での生活は大変なようですが、先ずは言葉を覚えて、日本で働けるようにするとの事でした。

先ずは、道場での初日の様子から

練習後に本日の稽古参加者の生徒との記念写真。

道場長から生徒に経緯を説明しました。
日本、そして小川道場へようこそ

今回、ご尽力頂きました人道支援の方々との記念写真。
私の横は山田えつこ茅ヶ崎市議会議員。

オルハさん。長身です!

初日の練習は大変そうでした。
彼女曰く、久しぶりの運動だそうです。

中学生女子生徒から指導を受けています。 彼女も一役買ってます。
オルハさんは、毎週土曜日に来る事になりました。
今後は慣れて来たら、練習する日数を増やして、頑張って黒帯取得して貰う予定です。
頑張っていきましょう!
クラスでは、生徒たちから毎週、最近気になるニュースを聞く機会を設けています。ここ毎週毎週、ロシア侵略の話題が多い中、この様な機会に直接巡り会えるのは子供たちにとってはとても良い経験だと思います。
小川道場もウクライナ避難民の人道支援に協力します!

ウインドウ内をダブルクリックするとメニューが表示されます

※当ウェブサイトに掲載されているいかなる内容も無断転載を禁じます。