道場長・小川直也からのご挨拶

”強い心”と”強い体”を育み、
礼儀の大切さを子どもたちに伝えたい!

このたび、神奈川県茅ヶ崎市に
柔道場・小川道場を開くことにいたしました。
この道場は日本の未来を背負う子どもだちに、
「柔道を通して、今の日本が忘れている
礼儀の重要性を学んでほしい。
そして、”強い心”と”強い体”を育んでほしい」という
願いをこめて、私・小川直也が設立したものです。
小川道場では、昨今の格闘技ブームからくる
”勝ち負け”や”テクニックの向上”にこだわることなく、
柔道本来の目的である”人格の形成”と”社会への貢献”を目指します。
しかし、だからといって、子どもたちに厳しい修行をさせようとは思っていません。
今の子どもたちには楽しく学ばせることも重要だと思うのです。
”礼儀を重んじ、楽しく、正しく、社会のために生きる”
そんな子どもたちをひとりでも多く、この道場から送り出せれば、
それは私にとってこのうえない喜びです。
どうか、この小川道場の主旨を理解いただき、
皆さまからご支援、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

小川道場
道場長 小川直也


《小川直也プロフィール》

1968年3月31日 東京都生まれ。高校時代から柔道を始める。
1986年:明治大学入学。全日本学生柔道選手権、優勝(史上2人目の1年生王者)
1987年:柔道世界選手権、無差別級優勝(史上最年少王者)
1989年:柔道世界選手権、95kg超級、無差別級2階級制覇。全日本柔道選手権優勝
1990年:明治大学経営学部経営学科を卒業し、JRA日本中央競馬会に入会
全日本柔道選手権、優勝(2連覇)
1991年:柔道世界選手権、95kg超級3位、無差別級優勝(3連覇)。全日本柔道選手権、優勝(3連覇)
1992年:バルセロナ五輪、95kg超級で銀メダル獲得。 全日本柔道選手権、優勝(4連覇)
1993年:柔道世界選手権、無差別級3位。全日本柔道選手権、優勝(5連覇)
1995年:柔道世界選手権、95kg超級3位。全日本柔道選手権、6度目の優勝
1996年:アトランタ五輪、95kg超級5位。全日本柔道選手権、7度目の優勝(史上初、2度の2連覇)
1997年:プロ格闘家に転向。4月12日新日本プロレスマットでデビュー戦。相手は当時のIWGPヘビー級王者であった橋本真也。
1999年:新日本プロレス東京ドーム大会に出場し橋本真也とのケンカマッチが世間の話題となる。
この時に「暴走王」のニックネームで一気にステータスを上げる。
1999年:総合格闘技イベント「PRIDE6」に初出場。
2002年:当時ライバルであった橋本真也の主宰する「ゼロワン」に参戦。「OH砲」としてタッグ結成。
2002年:総合格闘技イベント「UFO LEGEND」に出場。アトランタ五輪レスリング・グレコローマンスタイル130kg級銀メダリストの
マット・ガファリと対戦し、1分56秒左ストレート一発で勝利。
2004年:プロレスイベント「ハッスル」に出場。
2004年:総合格闘技の祭典「PRIDE GP」参戦 第3位入賞
2004年:テレビCMに初登場
Jミート(財団法人日本食肉消費総合センター)CMに出演
MEN'S PLAZA AOKI 2004年秋冬新作発表CMに出演
日清のごんぶとCMに出演
秋葉原電気まつりCMに出演
日本郵政公社の年賀状CMに出演
2005年:総合格闘技の祭典「男祭り2005」に出場。
2006年:プロレスの師匠であるアントニオ猪木がIGFを旗揚げ。「闘今 BOM-BA-YE」でプロレス復帰。
2006年:神奈川県茅ヶ崎市に柔道場「小川道場」開設
2011年:筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学科入学
2011年:トヨタ自動車株式会社「ドラえもんCM」ジャイアン役で出演
株式会社DMM.com証券「DMM FX」にCM出演
2013年:筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学科卒業、修士(体育学)学位取得
2013年:少年柔道「第33回全国少年柔道大会 於.講道館」で小川道場が少年柔道日本一の栄冠

小川道場へのお問合せは、こちらから。

※当ウェブサイトに掲載されているいかなる内容も無断転載を禁じます。